- DISH QUEST -

小学校低学年の時に、パプリカが大嫌いだった私に、パプリカ嫌いを克服するために
美味しく調理したパプリカをたんまり乗せたパプリカ丼を祖母が作ってくれました。
ただでさえ嫌いなパプリカを、丼に乗せた挙句、その丼を完食しないと寝かさないと怒鳴りつけるのです。
(結果、完食できず。泣きながら謝った記憶があります。)
その時の体験がトラウマで、今でもパプリカが大嫌いです。

その時、どんだけ愛情を込めて美味しく調理しても、『嫌いなものは嫌い』ということを実感しました。
そんな私の原体験から、「食」にまつわる課題は、「苦手な食べ物の克服」です。
子供なら苦手な食べ物の一つや二つはあるはず。でも健康のために何とかして子供に食べさせたい母親たち。
そんな両者のギャップを、テクノロジーとアイデアの力で解決します。
それが今回開発した『DISH QUEST』です。

生意気な声であなたを挑発してくる三体のフーディモンスターたち。
クールに挑発してくる。 ハンバーグくん
ツンデレ悪女。 ナポリタンちゃん
そして皿一番の悪い奴で大嫌い。サラダくん
そんな奴らをあなたの手で懲らしめることができるのか!!

フーディモンスターを食べようとすると褒めてくれます。
それぞれのモンスターをやっつけるたびにゲームクリア。効果音で盛り上げてくれます。
全て完食すると感動のエンディング!!
あなたは生意気なモンスター達をを懲らしめることができるのか??

When I was young, I really hated Bell Peppers.
My grandma made “Rice ball with bell peppers” so I could overcome my silly prejudice against bell peppers.
My grandma got scolded me, telling me to finish eating this rice ball.
(Finally, I couldn’t finish it.)
This experience was traumatizing for me and now I still can’t eat bell peppers.

I realized that we hate the food what we hate, no matter how much care and love is put into preparing it as a meal.
Any child has one or two items he doesn’t like.
And there is always the mother trying to make him eat it for nutrition.
I created “Dish Quest” to fill a gap between them.

There are three kinds of “Food monsters” (Hamburger, meatball, spaghetti and Salad)
And they are annoying with voices that get on your nerve.
Can you punish them by eating them?

If you try to eat them, you can attack them.
After you finish eating each monster, you can hear the sound of a stage cleared and which makes the user excited.
Finally, if you cleaned your plate, you are a complete winner and finish the game’s story.

Skills : MediaArt/python/openCV/Touchdesigner

Back to top