- Visib Radio -

Kyoto Design Labにて行われた英国王立芸術大学(RCA)とスズキユウリとの共同ワークショップ
『デザイン・インタープリテーションズ|谷川俊太郎のラジオ』
にて谷川俊太郎氏が京都工芸繊維大学に寄贈したヴィンテージラジオの幅広いコレクションを元に日本と英国王立芸術学院(RCA)
のデザイン学部の学生が、メディア領域におけるコミュニケーション作品シリーズを作成した。
 
<作品紹介>
ラジオを聴く行為やその時間は、それに触れる人やコンテキストによって様々に変化する。
その「ラジオを聴く行為=ラジオの時間」の違いをラジオから流れる音声の波形をもとにビジュアル化する。
ラジオを聴くとき、人はチューナーやボリュームを回しながら自分にとって心地よく聞こえるようにプログラムを調整する。
好きなプログラムをちょうどいい音量で、またノイズはできるだけ少なく。
そのためにあなたはツマミに触れるが、それらは実は波形の形や色を決めるコントローラーとなっていて、
あなたがどのようにラジオに触れたかがビジュアル化されリアルタイムでプロジェクションされる。
あなたのラジオの時間はどんな形でどんな色をしているだろうか。
デザインディレクション : 駒井涼
ハードウェア・プログラミング : 斧涼之介

ワークショップの活動がRCAのウェブサイトにて公開されました。
アーツ千代田3331にてRCAとの共同展示会、デザインインタープリテーションズが行われました。

Thorough the work shop “Design Interpretations”, we have collaborated with Royal College of Art(RCA) to create new interpretative works based on poet Shuntaro Tanikawa’s unique collection of vintage radios. Tanikawa (born 1931) is one of the most widely read and highly regarded Japanese poets. In 2010, he donated his extensive collection of vintage, mainly American radios to KIT(Kyoto Institute of Technology), along with associated posters and publications.
 
< Introduction >
The experience of listening to the radio is unique to each of us - largely dependent upon the context and circumstances under which we play it. In this project, we tried to visualize the individuality of the act of listening to the radio through the exploration of sound waves.

When we listen to the radio, it is natural for us to tune the channel and volume to our exact preferences. When we do this, however, we also control the shapes and colours of the sound waves that are produced in accordance to our preferences. This project, therefore, aims to visualise our engagements with the radio in real-time.

What, then, are the shapes and colours of our engagements with the radio?

Skills : MediaArt/openFrameworks/Arduino

Back to top