- 酒楽卓 -

お酒の場でのコミュニケーションを知人、他人の関係性なしにもっと楽しいものにしたい。
そのためには一つのものを同じ空間で作り上げる共同作業をしてもらえばいいのではないかという仮定のもとに、
本学の学祭にて、バーテーブルを囲む人たちが共同で音楽を作りあげることができる「酒楽卓」を開発。 コップをテーブルに置いて、テーブルを囲むLEDライトが自分のコップの前を通る時
コップに貼られたマーク(霞・扇・雪・波)に合わせて4種類の音楽と映像を生成。

テーブルを囲む人々のコップの置き方に合わせてその場でしか成立しない音楽とお酒を楽しむことができる。
音楽制作は京都のバンド「楽団モーケロン」より中島が担当。

ハードウェア・プログラミング: Ono Ryonosuke
プロダクトデザイン: Uenoyama Shu
音楽制作: Nakajima (楽団モーケロン)


“Shu-gaku-taku” was made to make people have more fun with friends and strangers while drinking. On the assumption that we can make such a situation by creating music through the exprience of collaborating with the people drinking together, I created this table.

LED lights placed 360 degrees around the table turn on and off one after another. When the LED light reaches a user, animation and music will play according to the color of the bottom of his/her cup. It creates 4 kinds of sound and animations. (Japanese traditional motif Haze, Fan, Snow, Wave)

We can enjoy alcohol and sound which is generated by the people gathered around the table. The music was made by “Nakajima” from rock band “Gakudan mokeron” based in Kyoto.

Skills : MediaArt/python/openCV/Touchdesigner

Back to top